性暴力「撮影罪」新設を検討=強制性交の要件緩和も=法相諮問へ

政治・外交

上川陽子法相は10日の記者会見で、性犯罪への対応を強化する法整備の在り方について16日に法制審議会(法相の諮問機関)へ諮問すると発表した。主に刑法や刑事訴訟法の改正を想定しており、強制性交の様子を撮影する行為や盗撮などを対象とした「撮影罪」の新設を議論。強制性交等罪の構成要件緩和や、現行法で13歳の「性交同意年齢」引き上げなども検討する。

諮問は全部で10項目。「教師と生徒」「上司と部下」といった関係を利用した性犯罪を罰する規定の創設▽現在は強制わいせつ罪の対象とされる、身体の一部や物を相手の身体に挿入する行為を強制性交等罪と同等に扱うかどうか▽配偶者間でも強制性交等罪が成立することの明確化▽公訴時効の見直し―なども議論を求める。

性犯罪の対応強化に向け法整備の在り方を法制審議会へ諮問することを発表する上川陽子法相=10日午前、法務省性犯罪の対応強化に向け法整備の在り方を法制審議会へ諮問することを発表する上川陽子法相=10日午前、法務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 法務行政 日本