夏のボーナス、平均77万円=12年ぶり下げ幅―厚労省集計

経済・ビジネス

厚生労働省は10日、主要民間企業の2021年夏の一時金(ボーナス)妥結額が、平均で前年比6.59%減の77万3632円だったと発表した。減少は3年連続で、下げ幅はリーマン・ショック後の09年に記録した15.60%以来12年ぶりの大きさだった。新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化が影響した。

全21産業のうち12産業で前年を下回った。最も下げ幅が大きかったのは、鉄道などの運輸で32.51%減。精密機器(11.49%減)や自動車(9.10%減)も大きく減った。また、前年と比べプラスだった産業の多くも伸びは小幅にとどまった。

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 日本