【動画】19都道府県、月末まで延長 緊急事態 首相「経済正常化に道筋」 飲食・旅行で制限緩和へ

映像

政府は9日午後、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、緊急事態宣言について、発令中の21都道府県のうち19都道府県の期限を12日から30日に延長することを決めた。宮城、岡山両県はまん延防止等重点措置に引き下げる。宣言と重点措置の下でもワクチン接種済みなどを条件に行動制限を緩和していく方針も決定した。

菅義偉首相は対策本部で「10月から11月の早い時期に希望者全員のワクチン接種が完了する」と明言。「接種証明や陰性証明を活用し、制限を緩和していく。飲食、イベント、旅行など社会・経済活動の正常化に道筋を付けていく」とした。

首相は記者会見で「ワクチンは効く」と強調。重症・死亡者を減らせたとして「接種加速化の取り組みは間違いではなかった」と述べた。(代表撮影)【時事通信映像センター】

Copyright(c) JIJI PRESS LTD., All Rights Reserved.

時事通信ニュース