岸田・高市氏、敵基地攻撃に言及=河野氏はサイバー対処主張

政治・外交

北朝鮮が新型長距離巡航ミサイルの発射実験を行ったことを受け、自民党総裁選に出馬する3氏が13日、それぞれ対応策について語った。岸田文雄前政調会長と高市早苗前総務相は敵基地攻撃能力の保有に言及し、河野太郎規制改革担当相はサイバー・電磁波など新たな領域の対処力向上に力点を置いた。

岸田氏は記者会見で「周辺国のミサイル能力が進化する中、防衛力強化に取り組む」と表明。敵基地攻撃能力保有を「有力な選択肢」と明言した上で、先制攻撃に対する反撃なら「憲法との兼ね合いも整理できる」との認識を示した。

高市氏は記者団に「波状攻撃されたら守り切る能力がない。日本が精密誘導ミサイルを撃つ可能性がある、という抑止力を持つべきだ」と強調。「敵基地の無力化」を可能にする法整備の必要性も訴えた。

河野氏は記者団に、北朝鮮が移動式発射台を持つことから「敵基地攻撃は随分前の議論だ」と指摘。日米同盟強化による抑止力向上を主張するとともに「軍事力で戦う以前にサイバー戦や情報戦、グレーゾーン事態にどう対応するかという時代になっている」と述べた。

(左上から時計回りに)自民党の岸田前政調会長、高市前総務相、河野規制改革担当相(左上から時計回りに)自民党の岸田前政調会長、高市前総務相、河野規制改革担当相

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 政党 日本 北朝鮮