1億5000万円、国民に説明=自民総裁選、争点は党改革―岸田氏インタビュー

政治・外交

自民党総裁選に出馬する岸田文雄前政調会長は14日、報道各社のインタビューに応じた。2019年参院選で河井克行元法相夫妻側に党本部が支出した1億5000万円に関し、「買収に使われていないことを書面をもって国民に説明する」と強調。「政治とカネ」の問題への強い批判を踏まえ、総裁選の争点は「党改革」だと主張した。

岸田氏は「党の説明責任、透明性、ガバナンス改革を考えなければいけない」と指摘。「できるだけ早く」説明する考えを示した。当選無効となった国会議員に4割の歳費返還を求める歳費法改正にも取り組むと語った。

憲法改正に関しては、安倍政権時にまとめた4項目の党改憲案の実現に「努力を注ぐ」と表明した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「緊急事態条項(の対象)に感染症を加えるか、議論はあってもいい」と述べた。

カジノを含む統合型リゾート(IR)に関しては「経済に少なからず意味がある。信頼醸成、地元の理解を大切にし、可能性を追求していく課題だ」と主張。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設は「進めるべきだ。丁寧な説明を地元にしなければならない」と語った。

グループインタビューに答える自民党の岸田文雄前政調会長=14日午前、衆院議員会館グループインタビューに答える自民党の岸田文雄前政調会長=14日午前、衆院議員会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本 自民党