北朝鮮非核化へ連携確認=日米韓が外相会談

政治・外交

茂木敏充外相は22日午後(日本時間23日午前)、訪問先の米ニューヨークでブリンケン米国務長官、鄭義溶・韓国外相と会談し、北朝鮮の完全な非核化に向け、日米韓3カ国の連携を進めていくことで一致した。外交的取り組みや国連安全保障理事会決議に基づく制裁の完全な履行、地域の抑止力の強化を申し合わせた。

茂木氏は「最近の核・ミサイル活動は日本、地域、国際社会の平和と安全を脅かすものだ」と懸念を表明。日本人拉致問題の早期解決に向けた協力も要請し、両氏の支持を得た。

会談では、中国を含む地域情勢や「自由で開かれたインド太平洋」実現に向けた取り組みについても意見交換。茂木氏は「3カ国の連携は北朝鮮問題を超え、地域の平和と安定にとって不可欠だ」と指摘した。

日米韓外相会談に臨む茂木敏充外相(左端)、ブリンケン米国務長官(中央)、鄭義溶・韓国外相(右端)=22日、ニューヨーク(外務省提供)日米韓外相会談に臨む茂木敏充外相(左端)、ブリンケン米国務長官(中央)、鄭義溶・韓国外相(右端)=22日、ニューヨーク(外務省提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 韓国 北朝鮮 米国