安保理改革へ対話強化=日独など4外相

政治・外交

国連安全保障理事会改革を求める日本、ドイツ、インド、ブラジルの4カ国(G4)外相会合が22日午後(日本時間23日未明)、米ニューヨークで開かれ、「安保理改革の緊急性を強調する」とした共同声明を発表した。常任・非常任理事国の枠組み拡大が不可欠と再確認し、改革を目指す国々との対話を強化していくことを申し合わせた。会合後、茂木敏充外相はオンラインで記者団の取材に応じ、「アフリカ諸国をはじめとする関係国とも連携し、(国連総会の決議案を念頭に置いた)文言ベースの交渉の早期開始に向け協力することで一致した」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 国際機構 ブラジル ドイツ インド 日本