特区構想「日本の立場と相いれず」=茂木氏、ロシア外相に伝達

政治・外交

茂木敏充外相は23日午後(日本時間24日未明)、訪問先の米ニューヨークでロシアのラブロフ外相と会談した。ラブロフ氏は、プーチン大統領が先に表明した北方領土での関税免除特区創設について言及。茂木氏は「わが国の立場と相いれない」とする日本側の立場を伝えた。

茂木氏は、北方四島での共同経済活動は日本の法的立場を害さない形で実施したいと指摘。「平和条約締結問題を含め、日ロ関係を互恵的に進展させていく方針だ」とも語った。両氏は、議論を継続することで一致した。

会談に臨む茂木敏充外相(右から2人目)とロシアのラブロフ外相(左端)=23日、ニューヨーク(外務省提供)会談に臨む茂木敏充外相(右から2人目)とロシアのラブロフ外相(左端)=23日、ニューヨーク(外務省提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 ロシア