石崎衆院議員が辞職願=維新公募に応募

政治・外交

秘書への暴行問題で自民党を離党した無所属の石崎徹衆院議員(37)=比例代表北陸信越ブロック=は24日、議員辞職願を衆院に提出した。辞職は近く許可される見通し。

石崎氏は新潟1区から次期衆院選への出馬を目指しており、日本維新の会の公募に応募している。自身のフェイスブックで「前回の選挙で自民党の比例代表(で当選した)という立場から他党の公募に応募したのであれば議員辞職するのが妥当」と説明している。

石崎氏は当時秘書だった男性を殴ったとして新潟区検から暴行罪で略式起訴され、昨年10月に自民党を離党。その後、新潟簡裁から罰金20万円の略式命令を受けた。

石崎徹 衆議院議員石崎徹 衆議院議員

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 政局 日本