デジタル庁幹部を減給処分=過剰接待、3回で12万円

政治・外交

デジタル庁は24日、過剰な接待を受けていたとして赤石浩一デジタル審議官を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。赤石氏は内閣官房イノベーション統括官だった昨年9月から12月に、3回にわたり飲食やタクシー代など計約12万円の接待を受けていた。

接待したのは利害関係者に当たらない事業者だとしているが、社名などは明らかにしていない。同席者も非公表だが、平井卓也デジタル相が接待の一部に同席していたという。

平井氏はデジタル担当相就任後の昨年10月と12月にNTTの澤田純社長から接待を受けたことが明らかになっている。デジタル庁は、赤石氏の会食がこれに該当するかについて「ノーコメント」としている。

同庁によると、内閣官房IT総合戦略室の室長代理だった向井治紀氏も懲戒処分相当の接待を受けていた。向井氏は今月1日付で退職しているが、減給10分の2(1カ月)相当額を自主返納する意向という。

デジタル庁の看板デジタル庁の看板

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 電気通信政策 日本