日米首脳「強固な同盟」確認=菅首相、日本食品の規制撤廃歓迎

政治・外交

【ワシントン時事】菅義偉首相は24日午後(日本時間25日午前)、バイデン米大統領とホワイトハウスで会談した。首相は記者団に「バイデン氏との信頼関係の下、同盟をさらに強化し、両国の絆を一層強めることができた」と述べ、強固な同盟を維持していく必要性で一致したことを明らかにした。

首相はこれに先立ち、日米とオーストラリア、インドの4カ国(通称クアッド)首脳会議で、日本産食品に対する米国の輸入規制撤廃に触れ、「東日本大震災の復興を後押しする大きな一歩だ」と歓迎する意向を表明した。

首相とバイデン氏の対面での会談は3回目。この日は約10分間、ジル夫人も加わって懇談形式で行われた。

就任1年余りで退陣する首相は「今後も日米同盟の重要性は変わらない」と述べ、次期政権でも日米基軸の外交が継承されるという認識を強調。バイデン氏は「友情に心から感謝している。さみしくなる」と首相を慰労した。

4カ国首脳会議に向かうバイデン米大統領(中央)と菅義偉首相(右)ら=24日、ワシントン(AFP時事)4カ国首脳会議に向かうバイデン米大統領(中央)と菅義偉首相(右)ら=24日、ワシントン(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 オーストラリア インド 日本 米国