眞子さま一時金、不支給で調整=意向尊重、戦後初―政府

社会

秋篠宮家の長女眞子さま(29)と婚約が内定している小室圭さん(29)の結婚をめぐり、政府が眞子さまの意向を尊重して皇室を離れる際の一時金を支給しない方向で調整していることが25日、政府関係者の話で分かった。支給額を決める皇室経済会議も開かれない見通しという。結婚に伴い皇籍離脱する女性皇族に一時金が支給されないのは、戦後初めてとなる。

皇室経済法は、皇族が結婚などで皇室を離れる場合、「皇族であった者としての品位保持の資に充てる」ために一時金を支給すると規定している。関連法で上限額が決まっており、眞子さまの場合は最大1億5250万円。実際の支給額は首相や衆参両院の正副議長ら8人からなる皇室経済会議で決まる。

関係者によると、眞子さまは結婚に批判的な国民感情に配慮し、関連儀式を行わず、一時金の受け取りも辞退する意向を示されている。しかし、これまでに受け取りを辞退した例はなく、法律にも規定がないため政府内で対応を検討していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会 日本