コロナ軽中等症向け新治療薬を承認=カクテル療法に続き2例目―厚労相

政治・外交 暮らし

田村憲久厚生労働相は27日、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が申請した新型コロナウイルス治療薬「ソトロビマブ」を、緊急時に審査を簡略化できる「特例承認」に基づいて正式に薬事承認した。同日に厚労省が薬事・食品衛生審議会の専門部会を開き、承認を了承した。政府が購入し、医療機関に供給する。

同薬は、重症化リスクを持ち、酸素投与が必要ない患者向けに使用される。軽症・中等症向けでは「抗体カクテル療法」と呼ばれる「ロナプリーブ」に続き2例目。重症患者向けを含めたコロナ治療薬全体では国内5例目となる。

田村厚労相は、当初は入院患者に限定するものの、将来的には往診への使用など適用を広げる方針を示し、「新たな治療の選択肢の一つなので期待している」と述べた。

「ソトロビマブ」は、ウイルスの働きを抑える中和抗体を点滴で投与する。GSKによると、海外の臨床試験(治験)では、偽薬に比べて入院や死亡のリスクを79%減らす効果が示されており、変異株でも効果が落ちにくいという。

米国では5月に緊急使用許可が出ており、日本では今月6日に承認申請された。

同じ抗体医薬の「ロナプリーブ」は、7月に特例承認され、今月23日時点で約3万2000人に投与された。宿泊施設や外来、往診での使用も始まっている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本