韓国裁判所、三菱重工の資産売却命令=元挺身隊訴訟、現金化なら関係悪化

社会

【ソウル時事】韓国の大田地裁は27日、元挺身(ていしん)隊員らの訴訟に絡み差し押さえられていた三菱重工業の韓国内資産である商標権と特許権に関し、売却命令を決定した。韓国最高裁は、三菱重工に賠償を命じており、これを受けた措置。原告側支援団体が明らかにした。

元徴用工訴訟をめぐり売却命令が出されたのは初めて。韓国最高裁の確定判決を「国際法違反」と批判する日本政府は、日本企業に実害が生じる「現金化」に強く反対してきた。命令通りに原告側が売却に踏み切れば、日韓関係の一層の悪化は必至だ。

三菱重工業の看板=東京・丸の内三菱重工業の看板=東京・丸の内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 韓国