経済効果年7600億円超=米MGMチーム選定―大阪IR

政治・外交

大阪府の吉村洋文知事は28日、府と大阪市が大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)で計画するカジノを含む統合型リゾート(IR)の事業者として、米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの共同チームを選定したと発表した。開業は2020年代後半で、初期投資額は1兆800億円。来場者数は年2050万人を想定し、経済波及効果は年7600億円超を見込む。

吉村氏は記者会見で「大阪の経済を底上げする世界最高水準のIRをつくる。自信を持って国に提案したい」と強調した。IRには関西の企業も参画する見通し。

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業者の選定について記者会見する大阪府の吉村洋文知事=28日午後、大阪市中央区カジノを含む統合型リゾート(IR)事業者の選定について記者会見する大阪府の吉村洋文知事=28日午後、大阪市中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 日本 神奈川県 横浜市 大阪府 大阪市