北朝鮮「極超音速ミサイル」試射=新たな脅威、「初期段階」と韓国

政治・外交

【ソウル時事】朝鮮中央通信は29日、北朝鮮の国防科学院が28日に内陸部の慈江道・竜林郡から新たに開発された極超音速ミサイル「火星8」の初めての発射実験を行ったと伝えた。日韓などが探知した短距離ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体を指すとみられる。極超音速ミサイルは高速で飛行し、既存のミサイル防衛システムでの迎撃は困難とされる。完成すれば周辺国にとって新たな脅威となる。

28日午前、北朝鮮の慈江道・竜林郡で行われた極超音速ミサイル「火星8」の試射(朝鮮通信)28日午前、北朝鮮の慈江道・竜林郡で行われた極超音速ミサイル「火星8」の試射(朝鮮通信)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 北朝鮮