眞子さま26日結婚、会見=「複雑性PTSD」と診断―宮内庁

社会

宮内庁は1日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)が小室圭さん(29)と26日に結婚されると正式発表した。婚姻届提出後、同日中に二人が記者会見し、心境などを語る。眞子さまが結婚に関し、自分や小室さん側への誹謗(ひぼう)中傷と感じられるような出来事を体験し、「複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)」と診断されたことも明らかにした。

同庁によると、眞子さまは「この状況が続くことは耐えられない」と考えており、秋篠宮ご夫妻が眞子さまの意向を尊重し、結納に当たる「納采の儀」など関連儀式は行わないことになった。国からの一時金も辞退する。一時金の額を決める皇室経済会議は開催されない。

天皇、皇后両陛下には眞子さま単独で私的にあいさつする。同庁の西村泰彦長官によると、両陛下は皇室の一員として真摯(しんし)に活動してきた眞子さまをねぎらう気持ちを持っており、「今後幸せな人生を歩んでいかれることを願っておられる」という。

小室さんは結婚準備のため、9月27日に滞在先の米国から一時帰国した。新型コロナウイルス対策による今月11日までの待機期間後、眞子さまと約3年ぶりに再会する。眞子さまは結婚に伴い皇籍離脱し、戸籍を作った後、パスポートを取得。小室さんとニューヨークで生活する準備を整え、日本を離れる。小室さんは現地の大手法律事務所に職員として在籍しており、ニューヨーク州の司法試験の合否は12月中旬までに判明する予定。

秋篠宮家の長女眞子さま秋篠宮家の長女眞子さま

小室圭さん小室圭さん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会 日本