探査機が水星撮影=日本との共同計画「ベピコロンボ」―欧州宇宙機関

科学 社会

欧州宇宙機関(ESA、本部パリ)の2日の発表などによると、日欧共同の水星探査計画「ベピコロンボ」の探査機が1日、水星の画像を撮影した。画像は白黒で、磁場を持つ水星の北半球のクレーターなどが写っているという。

探査機は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の水星磁気圏探査機「みお」、ESAの水星表面探査機「MPO」の二つが結合されたもので、2018年10月に打ち上げられた。25年末の水星周回軌道投入を予定している。

日欧共同の水星探査計画「ベピコロンボ」の探査機が1日に撮影した水星の画像=欧州宇宙機関(ESA)が2日提供(AFP時事)日欧共同の水星探査計画「ベピコロンボ」の探査機が1日に撮影した水星の画像=欧州宇宙機関(ESA)が2日提供(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学 宇宙 技術 社会 フランス 日本