菅内閣が総辞職、在職384日=首相「国民の未来に道筋」

政治・外交

菅内閣は4日午前の臨時閣議で総辞職した。昨年9月に就任した菅義偉首相の在職日数は384日。総辞職に当たり首相談話を閣議決定し、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言などを全面解除したことについて「安心とにぎわいのある日常に向けた大きな一歩を踏み出せた」と強調。「この1年間で国民が安心と希望を持てる未来のために道筋を示すことができた」と成果を誇った。

首相は就任時、自ら「国民のために働く内閣」と命名し、デジタル庁創設や地球温暖化対策、携帯電話料金引き下げなどに取り組んだ。一方、新型コロナで緊急事態宣言を各地に発令するなど対応に苦慮。宣言発令中に東京五輪・パラリンピックを開催し、世論の賛否が分かれた。

4日午後に首相官邸を後にする際は、職員から花束を受け取り、拍手で見送られた。

職員から花束を手渡される菅義偉首相(手前右)=4日午後、東京・永田町職員から花束を手渡される菅義偉首相(手前右)=4日午後、東京・永田町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本