有終46号、二刀流完走=大谷、MVP有力候補―米大リーグ

スポーツ

【シアトル(米ワシントン州)時事】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(27)は3日、ワシントン州シアトルで行われたマリナーズ相手の今季最終戦に1番指名打者で出場し、一回に46号本塁打を放った。

日本選手初の本塁打王には2本及ばなかったが、今季は投打「二刀流」で大活躍。「大きなけがなく出続けられたのはよかった。まだまだ上にいけると思っている」と話した。

大リーグ4年目を迎えた大谷選手は、自己最多の46本塁打をマークし、投手としては9勝。投打そろって好成績を残す、ほぼ前例のない成果を挙げ、今季のア・リーグ最優秀選手(MVP)の有力候補とされている。

マリナーズ戦の1回、46号先頭打者本塁打を放ち喜ぶエンゼルスの大谷=3日、シアトルマリナーズ戦の1回、46号先頭打者本塁打を放ち喜ぶエンゼルスの大谷=3日、シアトル

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 大リーグ 日本 米国