衆院選、31日投開票へ=14日解散、前倒し意向―岸田自民総裁

政治・外交

自民党の岸田文雄総裁は4日、次期衆院選について、今国会会期末の14日に衆院を解散し、「19日公示―31日投開票」で行う意向を固め、与党幹部に伝えた。4日夜の記者会見で表明するとみられる。自民党内では「26日公示―11月7日投開票」が有力視され、この日程を前提に準備が進んでいたが前倒しした。

日程を早めた背景には、2021年度補正予算案の編成作業と国会審議に余裕を持たせる狙いとともに、政権発足から間を置かずに衆院選に臨んだ方が得策との判断もあるとみられる。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いているうちに衆院選を迎える目的もありそうだ。

10月30~31日にイタリアで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議への出席は衆院選投開票と重なるため、見送りとなる公算が大きい。

自民党の岸田文雄総裁=2日、東京都千代田区の自民党本部自民党の岸田文雄総裁=2日、東京都千代田区の自民党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 選挙 日本 自民党