自民税調会長に宮沢元経産相=金融所得課税など議論委ねる―新政権

政治・外交

自民党は5日、税制調査会長に宮沢洋一元経済産業相を起用する方針を固めた。幹事長に就任した甘利明氏の後任で、近く決定する。中間層の復活を掲げる岸田文雄首相は金融所得課税などを検討課題としており、2度目の税調会長となる宮沢氏に党側の議論を委ねる考えとみられる。

岸田派の宮沢氏は地元も首相と同じ広島。首相とはいとこの関係で、先の総裁選勝利に尽力した。派内には所属メンバーが党四役に起用されなかったことへの不満が出ていた。

自民党の宮沢洋一元経済産業相自民党の宮沢洋一元経済産業相

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本 自民党