F35B、「いずも」で発着成功=防衛省、四国沖で試験

政治・外交

岸信夫防衛相は5日の記者会見で、米軍の最新鋭ステルス戦闘機F35Bによる海上自衛隊の護衛艦「いずも」艦上での発着試験に成功したと発表した。岸氏は「日米の相互運用性の向上に資するものであり、日米同盟の抑止力・対処力の強化にもつながる」と意義を強調した。

試験は米軍岩国基地(山口県)の海兵隊の支援を受け、3日に四国沖で実施した。F35Bは短距離離陸・垂直着陸が可能で、防衛省は2023年度までに18機の購入について契約し、24年度から基地に順次配備する予定だ。

いずもは甲板の耐熱性を向上させる改修を6月に完了。24年度末にも艦首の形状を変更したりF35B搭乗員の待機スペースを整備したりする改修を予定している。いずもと同型の護衛艦「かが」も同様の改修を行い、両艦は事実上の空母となる見通しだ。

海上自衛隊の護衛艦「いずも」に着艦する米軍の最新鋭ステルス戦闘機F35B=3日、四国沖(防衛省提供)海上自衛隊の護衛艦「いずも」に着艦する米軍の最新鋭ステルス戦闘機F35B=3日、四国沖(防衛省提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 中国 山口県 米国