証拠保全で入管ビデオ視聴=遺族ら、国賠提訴へ―スリランカ女性死亡

社会

名古屋出入国在留管理局の施設で3月、スリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=が死亡した問題で、妹のポールニマさん(27)が5日、東京都内で記者会見し、収容中の監視カメラ映像の一部を弁護団と一緒に視聴したと明らかにした。

遺族は国に損害賠償請求訴訟を起こす予定で、映像視聴は訴訟に先立つ証拠保全手続きの一環。ポールニマさんは「ビデオには入管庁の報告書に書かれていないものがあった。報告書は信用できない」と述べ、改めて映像データの全面開示を訴えた。

弁護団によると、証拠保全が決まった映像は2月22日から亡くなる3月6日までの13日分(計295時間)で、DVD33本に及ぶ。遺族らは今月1日、名古屋地裁でこのうち一部を視聴した。3月3日のウィシュマさんは、職員が食事を口に運ぶたびにすぐに吐き出し、口から栄養を取るのが難しい状態だったが、職員はそれでも食べさせようとしていたという。

初めて映像を見た代理人弁護士は「極めて残酷だ。報告書に書かれていないことが映っていた」と説明。ポールニマさんは「救急車を呼んでいたら助かった。亡くなる直前の姉の気持ちを考えると夜も眠れない」と暗い表情で話した。

出入国在留管理庁は8月、医療体制に不備があったとする調査報告書を公表し、映像の一部を遺族に限り開示。9月に再度開示の機会を設けたが、弁護士の立ち会いを認めなかったため遺族側は視聴を見送っていた。

ウィシュマさんの遺影を横に記者会見する妹のポールニマさん=5日午後、東京都千代田区ウィシュマさんの遺影を横に記者会見する妹のポールニマさん=5日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 東海 愛知県