原発建て替え「想定せず」=安全最優先で再稼働―萩生田経産相

政治・外交

萩生田光一経済産業相は5日、就任インタビューに応じた。「エネルギー基本計画」改定案での原発の位置付けについて、「新増設やリプレース(建て替え)を想定しない方針に変更はなく、基本計画が変わることはない」と述べ、政府が7月に公表した改定案から大きな修正は行わない意向を示した。

萩生田氏は原発について、「安定で安価な電力供給や気候変動問題への対応を考えれば、活用は欠かせない」と指摘。安全最優先で再稼働を進め、人材育成にも取り組む考えを強調した。

エネルギー基本計画については、改定案に対して4日まで行ったパブリックコメント(意見公募)で寄せられた意見の扱いを検討した上で、10月末から始まる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に間に合うよう閣議決定を目指す。改定案では、2030年度の電源構成で原発の比率を20~22%に維持する一方、原発の新増設や建て替えについては言及を見送っていた。

コロナ禍で苦境にある中小企業の支援では、政府系金融機関による実質無利子・無担保融資を年末まで継続する方針を示した。その上で、売り上げが大きく減少した中小企業や個人事業主に給付する「持続化給付金」について、「経済環境をよく見ながら(岸田文雄)総理と相談し進めたい」と述べ、再支給に前向きな姿勢を表明した。

報道各社のインタビューに応える萩生田光一経済産業相=5日午後、経産省報道各社のインタビューに応える萩生田光一経済産業相=5日午後、経産省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 マクロ経済政策 資源エネルギー政策 日本