【動画】東京株、8日続落 12年ぶり、円・国債も下落

映像

6日の東京株式市場では、中国企業の経営問題や米国のインフレ懸念など、海外の不透明要因が根強いことから売りが広がった。日経平均株価の終値は前日比293円25銭安の2万7528円87銭となり、2009年7月以来、約12年ぶりの8営業日続落。また、円や日本国債も売られ、いわゆる「トリプル安」の展開だった。【時事通信映像センター】

Copyright(c) JIJI PRESS LTD., All Rights Reserved.

時事通信ニュース