小型ヘリ墜落、1人死亡=パイロットの男性か―神奈川・秦野

社会

7日午前6時50分ごろ、神奈川県秦野市今泉で、小型ヘリコプターが墜落した。県警や消防によると、パイロットとみられる男性1人が病院に搬送されたが、死亡が確認された。県警秦野署が詳しい状況を調べている。

同署などによると、墜落したのはロビンソンR22型機。午前6時35分ごろ神奈川県大井町の場外離着陸場を出発し、千葉県木更津市に向かっていた。

墜落現場近くの住宅などに被害はなく、事故に巻き込まれた人もいないとみられる。

運輸安全委員会は、航空事故調査官2人の現地派遣を決めた。

現場は小田急小田原線秦野駅の南西約1.5キロの畑が広がる地域。500メートルほど離れた所には住宅街や学校もある。

現場近くで牧場を経営する男性(73)は早朝から牛舎内で作業をしていたといい、「墜落音は聞こえなかった。救急車が近くを通る音で事故に気付いた」と話した。

神奈川県警察本部=横浜市中区神奈川県警察本部=横浜市中区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 日本 神奈川県