医療警戒レベル引き下げ=10カ月ぶり、コロナ病床縮小へ―都会議

政治・外交 暮らし

東京都は7日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開いた。入院患者数の減少傾向が続いていることから、4段階で評価する医療提供体制を、最も深刻なレベルから10カ月ぶりに1段階引き下げた。通常医療との両立を図るため、コロナ用に確保した病床を段階的に縮小する。

感染状況に関する評価は、9月30日に4段階中上から2番目に引き下げたが、今回さらに1段階落とした。

今月6日時点の新規陽性者数(7日間平均)は158.7人で、8月のピーク時の約3%。入院患者数は前週から430人減の751人、重症患者数も77人で、100人を下回った。

都医師会の猪口正孝副会長は「通常医療の制限を段階的に解除しながら、コロナ医療との両立を図る必要がある」と指摘。これを受け都は、現在最大6651床確保している専用病床を4000床程度に縮小する。

新型コロナウイルスのモニタリング会議に臨む小池百合子東京都知事=7日午後、都庁新型コロナウイルスのモニタリング会議に臨む小池百合子東京都知事=7日午後、都庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 東京都