尖閣、人権問題を提起=対話継続、習主席と一致―岸田首相

政治・外交

岸田文雄首相は8日、中国の習近平国家主席と就任後初めて、約30分間電話会談した。首相は、沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題や、香港、新疆ウイグル自治区の人権問題を提起。両首脳は対話を重ねていく方針で一致した。

首相は、来年で日中国交正常化50周年を迎えることに触れ、「建設的かつ安定的な日中関係を共に築いていかなければならない」と表明。習氏も賛意を示した。延期されている習氏の国賓来日は、話題に上らなかったという。

会談後、首相は記者団に「日中は隣国ゆえにさまざまな問題がある。主張すべきは主張しながら率直に議論してきたい」と語った。

中国外務省によると、習氏は電話会談で、両国関係には「機会と課題」が併存していると指摘。「歴史や台湾など、重大で敏感な問題を適切に処理し、両国関係の政治的基礎を維持しなければならない」と呼び掛けた。

記者団の取材に応じる岸田文雄首相=8日午後、首相官邸記者団の取材に応じる岸田文雄首相=8日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国 日本