半導体誘致、数千億円支援へ=TSMC、ソニー工場有力―政府

経済・ビジネス 政治・外交

政府が経済安全保障上の重要物資とみなす半導体確保のため、生産工場の国内誘致に向け数千億円規模の支援を検討していることが8日、分かった。半導体製造大手の台湾積体電路製造(TSMC)の誘致が念頭にある。同社の大口取引先でもあるソニーグループが取得手続きを進めている熊本県菊陽町の画像センサー工場隣接地が有力候補地に浮上している。

衆院選後に編成する2021年度補正予算案に盛り込む方針。政府はソニーグループなどTSMCと取引上深い関係にある国内大手企業と連携し、大規模な支援を行うことで誘致にこぎ着けたい考えだ。

台湾積体電路製造(TSMC)のロゴ(EPA時事)台湾積体電路製造(TSMC)のロゴ(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 設備投資 産業政策 日本 九州 熊本県 台湾