吉田への差別的言動で謝罪=サウジ連盟、事実認める―サッカー

スポーツ

日本サッカー協会は9日、ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選、サウジアラビア―日本(7日、サウジアラビア・ジッダ)の試合後、現地の観客が日本代表の吉田麻也に差別的な言動をしたとしてサウジアラビア連盟から謝罪を受けたことを明らかにした。

現地サポーターが人種差別にあたるジェスチャーをしたことをサウジ連盟などが確認したという。吉田は7日の試合後にインタビューを受けた際、観客席に向かって憤った様子を見せた。須原清貴専務理事は「あってはならないこと。サウジ協会も迅速に対応した。これ以上の大きなアクションは考えていない」と説明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース サッカー日本代表 スポーツ 日本 サウジアラビア