元経産キャリア、罪認める=検察「スマホ破壊し証拠隠滅」―コロナ給付金詐取・東京地裁

社会

新型コロナウイルス対策の家賃支援給付金など計約1550万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元経済産業省キャリア官僚の桜井真(28)、新井雄太郎(28)両被告の初公判が11日、東京地裁(浅香竜太裁判官)であり、いずれも「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。

検察側は冒頭陳述で、2人は高校の同級生で親しかったが、桜井被告が入省後の2019年に起こした民事訴訟の対応をめぐり、新井被告は桜井被告から責められ、負い目を感じるようになったと指摘。桜井被告は、自身が設立したペーパーカンパニーに売り上げがあったことにして給付金の虚偽申請をするよう新井被告に指示し、同被告も従ったとした。

だまし取った金は、桜井被告の高級腕時計の購入費や交際相手の小遣いなどに充てられたと指摘。2人は警視庁の捜査を察知すると経産省の地下でスマートフォンを破壊した上で、横浜市の山下埠頭(ふとう)から海に捨て証拠隠滅を図ったと述べた。

起訴状によると、2人は虚偽の賃貸借契約書などを提出して家賃支援給付金を経産省外局の中小企業庁に申請。今年1月、2人が設立した事業実体のない二つの会社名義の口座に約1150万円を振り込ませたほか、昨年5~6月、新型コロナの影響で大幅に減収したとする虚偽の確定申告書などを提出し、持続化給付金400万円をだまし取ったとされる。

東京地裁が入る裁判所合同庁舎=東京都千代田区東京地裁が入る裁判所合同庁舎=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 東京都