アフガンの140人、日本に=大使館の現地スタッフら―茂木外相

政治・外交

茂木敏充外相は12日の記者会見で、イスラム主義組織タリバンが実権を掌握したアフガニスタンに残された日本大使館や国際協力機構(JICA)の現地スタッフら約140人が近く、カタールを経由して日本に退避すると明らかにした。このうち約50人は13日に到着する。

退避を希望する現地スタッフらは数百人。これまでに300人余りがアフガンを出国し、118人が日本に入国した。茂木氏は「邦人および現地職員の安全確保、出国支援を全力で続けていきたい」と強調した。

記者会見する茂木敏充外相=12日午後、外務省記者会見する茂木敏充外相=12日午後、外務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 アフガニスタン 日本 カタール