ファイザーワクチン推奨検討=心筋炎の頻度考慮―10~20代男性・厚労省

政治・外交 暮らし

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、心臓の筋肉に炎症が起きる「心筋炎」などが接種後まれに発生する可能性があるとして、厚生労働省が10~20代男性には米ファイザー製ワクチンを推奨する方向で検討に入ったことが14日、分かった。

厚労省は、1回目にモデルナ製を打った場合でも2回目はファイザー製を勧める方針。15日に開かれる同省の専門部会で議論される。

接種と心筋炎の因果関係は分かっておらず、専門部会はこれまで「接種によるベネフィットがリスクを上回る」との見解を示していた。一方、欧州では若年男性への接種を控える動きが出ている。

厚労省のまとめによると、9月12日までに国内ではモデルナ製を接種した10代男性で100万人当たり21.60件、20代では17.06件の頻度で心筋炎などが報告されている。

ファイザー製でも同様の症状が報告されているが、10代男性で1.87件、20代は13.08件と少ない。女性では、モデルナ製を接種した20代で0.79件、10代はゼロだった。

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし フィンランド 日本 スウェーデン