不祥事根絶、東電社長に要求=福島・大熊、双葉両町長

経済・ビジネス 社会

東京電力福島第1原発が立地する福島県大熊町の吉田淳町長と同県双葉町の伊沢史朗町長は15日、東京都千代田区の東京電力ホールディングス(HD)本社を訪れ、同社の小早川智明社長に不祥事根絶や信頼回復への取り組みを要求した。

東電HDでは、柏崎刈羽原発(新潟県)でのIDカード不正使用といった問題が相次いでいる。伊沢氏は、「地元の不信はかつてなく深刻だ。信頼回復に取り組むことを『要望』ではなく『要求』する」と強調した。

これに対し、小早川氏は「(福島第1原発の)事故の当事者として反省し胸に刻む。町の復興の妨げとならないよう対応する」と陳謝した。

このほか、福島第1原発からの放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出についての正確な情報発信や、風評被害が生じた場合の適切な賠償などを求めた。

東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長(右)に要求書を手渡す福島県双葉町の伊沢史朗町長=15日午前、東京都千代田区(東京電力HD提供)東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長(右)に要求書を手渡す福島県双葉町の伊沢史朗町長=15日午前、東京都千代田区(東京電力HD提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 安全・危機管理 社会 日本 東北 福島県 東京都 新潟県 甲信越