アベノミクス見直し62%=自民支持層でも継続論3割以下―時事世論調査

政治・外交

時事通信の10月の世論調査で、安倍晋三元首相が掲げ、菅義偉前首相が継承した経済政策「アベノミクス」を岸田政権でも続ける方がいいかどうか尋ねたところ、「続ける方がよい」と答えたのは14.7%にとどまり、「見直す方がよい」が62.5%に上った。「どちらとも言えない・分からない」が22.8%だった。

支持政党別では、自民党支持層でも見直し論(55.7%)が継続論(27.1%)の2倍以上となった。立憲民主党支持層は93.9%が「見直す方がよい」と答え、継続論はゼロ。残り6.1%は「どちらとも言えない・分からない」だった。

新型コロナウイルスワクチンの接種証明などを条件に行動制限を緩和することの是非については、「賛成」(61.5%)が「反対」(20.6%)を大幅に上回った。

調査は8~11日、全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は64.0%。

東京駅前の出勤風景東京駅前の出勤風景

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政党 日本 自民党