日韓首脳、徴用工で平行線=岸田氏、関係改善へ対応要求―初の電話会談

政治・外交

岸田文雄首相は15日、韓国の文在寅大統領と就任後初めて、約35分間電話会談した。首相は、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工をめぐる問題で、解決に向けた前向きな対応を要求。文大統領は「(双方の)法的解釈が異なる問題だ」と述べ、議論は平行線をたどった。

首相はこの後、記者団の取材に応じ、元徴用工などの問題に関し「日韓関係は引き続き非常に厳しい状況にある。健全な関係に戻すため、韓国側に適切な対応を強く求める」と語った。

両政府によると、文大統領は「両国間で外交的解決を模索するのが望ましい」と述べ、外交当局間で解決を目指すべきだと強調。両氏は首脳間の意思疎通を図ることで一致した。

元徴用工をめぐっては韓国の地方裁判所が先月、日本企業の資産に関し売却命令を初めて出した。「現金化」の動きが進めば、日韓関係の悪化が決定的になると懸念されている。

会談で両首脳は、北朝鮮の核・ミサイル開発に対し、日韓、日米韓の連携を一層深めていく方針で一致。首相は拉致問題解決への協力を求め、文大統領も日本の立場に理解を示した。

韓国の文在寅大統領との電話会談後、取材に応じる岸田文雄首相=15日午後、首相官邸韓国の文在寅大統領との電話会談後、取材に応じる岸田文雄首相=15日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 韓国