2回目、ファイザー選択可能に=心筋炎頻度、モデルナで高く―10~20代男性

政治・外交 暮らし

厚生労働省は15日の専門部会で、10~20代男性が1回目で米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンを打った場合でも、2回目は例外的に米ファイザー製ワクチンの接種を認める方針を決めた。モデルナ製の接種後、心臓の筋肉に炎症が起きる「心筋炎」などがまれに発生し、その頻度がファイザー製より高いことを考慮した。

厚労省は、10~20代男性にファイザー製を推奨する方針案を専門部会に示したが、専門家から「ファイザー製でも心筋炎は起きる」「モデルナ製が劣るとの印象は避けるべきだ」などの慎重論が出た。同部会は議論を踏まえ、対象者に「十分な情報提供の上、ファイザー製も選択できる」との見解を示すにとどめた。接種間隔は4週間とした。

厚労省によると、3日までに国内でモデルナ製を接種した10代男性で100万人当たり28.83件、20代で25.65件の頻度で心筋炎などが報告された。ファイザー製では10代男性で3.69件、20代で9.62件だった。いずれのワクチンでも、多くは回復したという。

専門部会は15日の会合で、「モデルナ社ワクチンの報告頻度が明らかに高い」と指摘。一方で、心筋炎は新型コロナに感染した場合の方が発症率が高く、「接種によるベネフィットがリスクを上回る」として、10~20代男性でも希望すればモデルナ製を接種できるとした。

新型コロナウイルスワクチンの副反応について議論する厚生労働省の専門部会=15日午後、東京都千代田区新型コロナウイルスワクチンの副反応について議論する厚生労働省の専門部会=15日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 スウェーデン