「立・共」協力に危機感=甘利明自民党幹事長【各党インタビュー】

政治・外交

自民党の甘利明幹事長は15日、時事通信などのインタビューに応じた。主なやりとりは次の通り。

―衆院選の最大の争点は。

衆院選は政権選択選挙だ。今回はこれに加え、体制選択選挙になる。立憲民主党と共産党が小選挙区候補者の一本化の調整を行った。自民、公明両党による自由と民主主義を基本とする体制か、日本の政治史上初めて共産主義が政権に入る体制を選択するかだ。(立民、共産両党が勝利すれば)政治理念(の違い)を無視して閣内協力、閣外協力をするということになる。物事が進まなくなる。

―立民・共産の候補者調整は脅威か。

非常に危機感がある。(与党と野党が)1対2で戦うのと、1対1で戦うのでは議席数に大きな変化がある。小選挙区は厳しい戦いだ。

―衆院選の勝敗ラインは。

政権を運営できるもの(過半数)を与党で確保するのが目標だ。その上で1議席でも多く勝利に導き、より安定的に政権を維持できる数を積み上げていく。

―与党で安定多数244議席を目標とするか。

具体的な数を示して、一つ多いから勝ち、一つ少ないから負けという議論をするべきではない。

―各地の知事選など保守分裂が相次いでいる。衆院選に向け、結束に影響はあるか。

問題はない。結論が出れば、一致結束でまとまるのが自民党の伝統だ。

―新型コロナウイルス感染抑止や経済対策で何を訴えるか。

社会の分断が進んでいると国民が抱く不安の解消に取り組む。コロナ感染を抑えながら、いかに経済を拡大していくかだ。コロナの第6波に備えるための病床確保、治療薬の開発などを進める。新しい資本主義につながる成長と分配の好循環を実現させる。デジタルトランスフォーメーション(DX)など成長分野への投資を行い、イノベーションを起こしていく。

―憲法改正にどう取り組むか。

国会で各党が憲法について議論をするべきだ。議論を拒否していたら国会議員である必要はない。憲法改正は野党も巻き込んで議論することに意義がある。

インタビューに答える自民党の甘利明幹事長=15日午後、東京・永田町の同党本部インタビューに答える自民党の甘利明幹事長=15日午後、東京・永田町の同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政党 日本 自民党