岸田首相が岩手入り=就任後初の被災地視察

政治・外交 暮らし

岸田文雄首相は16日午前、東日本大震災の復興状況を確認するため、岩手県を訪れた。大船渡市の魚市場で漁業者らと車座対話を実施。現場の声に耳を傾け、復興政策や経済対策に反映させたい考えだ。首相の被災地視察は就任後初めて。

首相は雨が降る中、陸前高田市の高田松原津波復興祈念公園で献花し、黙とう。この後、達増拓也知事らから復興現状の説明を受けた。車座対話には地元のホタテ漁業者、カキ養殖漁業者らが参加。首相はメモを取りながら話を聞いた。

高田松原津波復興祈念公園で黙とうする岸田文雄首相(左から2人目)=16日午前、岩手県陸前高田市(代表撮影)高田松原津波復興祈念公園で黙とうする岸田文雄首相(左から2人目)=16日午前、岩手県陸前高田市(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 防災政策・災害対策 暮らし 日本 東北 岩手県 宮城県