天然ガスへの投融資、継続を=IMF・世銀合同開発委で―日本

経済・ビジネス

【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)と世界銀行の合同開発委員会が15日午前(日本時間同日夜)、米ワシントンで開かれた。日本政府は途上国支援について、温室効果ガス削減に効果が認められる天然ガス事業への投融資などは継続すべきだと提言した。極端な制限は、かえって脱炭素社会への円滑な移行が妨げられるとした。

米国などからは、途上国での天然ガスのプロジェクトについて、国際開発機関が支援しない方針を打ち出すべきだとの意見が出ている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース ガス 日本