岸田首相が靖国神社に真榊奉納=秋季例大祭、参拝はせず

政治・外交

岸田文雄首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせ、祭具の真榊(まさかき)を奉納した。18日までの期間中、自身の参拝は見送る方針だ。中国や韓国など周辺国との外交関係への影響を避けるほか、政府要人の参拝に慎重な公明党に配慮したとみられる。

関係者によると、岸田氏の真榊奉納は初めて。安倍晋三元首相や菅義偉前首相の対応を考慮した。現職首相の靖国参拝は、2013年12月の安倍氏が最後だ。

岸田内閣では、後藤茂之厚生労働相、若宮健嗣万博担当相も真榊を奉納。17日に閣僚の参拝は確認されなかった。

17日は、菅前首相のほか、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」を代表して尾辻秀久会長らが参拝。菅氏は記者団に「ご英霊にみ霊のご冥福をお祈り申し上げた」と語った。

靖国神社の秋季例大祭に合わせて岸田文雄首相が奉納した真榊(まさかき)=17日午前、東京都千代田区靖国神社の秋季例大祭に合わせて岸田文雄首相が奉納した真榊(まさかき)=17日午前、東京都千代田区

靖国神社参拝を終え、記者団の取材に応じる菅義偉前首相=17日午前、東京都千代田区靖国神社参拝を終え、記者団の取材に応じる菅義偉前首相=17日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本 東京都