飲食業立て直しへ補助金=岸田首相、経営者らと車座対話

政治・外交

岸田文雄首相は18日午前、東京・新橋の居酒屋「磯丸水産食堂」を訪れ、飲食店経営者らと車座対話を行った。新型コロナウイルス禍で打撃を受けた飲食店側の意見を、衆院選後に取りまとめる経済対策に反映させるのが狙い。終了後、記者団に「政府として事業再構築補助金をはじめ、しっかり後押ししなければならない」と述べ、支援に全力を挙げる方針を示した。

東京都などでは先月末まで緊急事態宣言が出され、飲食店は酒類提供停止や営業時間短縮を余儀なくされた。首相は「飲食業は食文化そのものであり、なくてはならない」と強調した。

一方、飲食・観光業などの需要喚起策「Go To」キャンペーンをめぐっては、「今すぐ再開ということでは、国民も不安に思ってしまう。タイミングをよく考えることが大事だ」と述べ、慎重に検討する考えを重ねて示した。

飲食店経営者らと意見交換する岸田文雄首相(左から2人目)=18日午前、東京都港区の「磯丸水産食堂新橋烏森通り店」(代表撮影)飲食店経営者らと意見交換する岸田文雄首相(左から2人目)=18日午前、東京都港区の「磯丸水産食堂新橋烏森通り店」(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本 東京都