首都圏マンション、過去最高値=都心の高額物件好調―21年度上期

経済・ビジネス

不動産経済研究所が18日発表した2021年度上半期(4~9月)の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)新築マンション市場動向によると、期間中に販売された物件の平均価格は前年同期比10.1%上昇の6702万円となった。比較可能な1991年度以降で過去最高値。人気の高い東京都23区内の高額物件の取引が増えたことが主因という。

マンションや高層ビルが建ち並ぶ都心の街並み=2020年8月、東京都港区マンションや高層ビルが建ち並ぶ都心の街並み=2020年8月、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費・販売(小売売上・個人消費等) 販売・価格改定・販促・見本市など 統計 日本 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県