拉致解決「先頭に立つ」=岸田首相、被害者家族と初面会

政治・外交 社会

岸田文雄首相は18日、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの母早紀江さんや被害者家族会の飯塚繁雄代表らと首相官邸で就任後初めて面会した。首相は「私の内閣でも変わりなく拉致問題は最重要課題だ。私自身先頭に立って取り組んでいかなければいけない」と早期解決へ決意を示した。

首相は安倍晋三元首相や菅義偉前首相と比べ、これまで拉致問題への関与が薄かったとして不安視する向きも多い。就任2週間で直接会うことで、家族会側の懸念を取り除きたい考えとみられる。面会には拉致問題担当相を兼ねる松野博一官房長官が同席した。

拉致被害者家族(右側)と面会する岸田文雄首相(左端)=18日午後、首相官邸拉致被害者家族(右側)と面会する岸田文雄首相(左端)=18日午後、首相官邸

拉致被害者家族と面会し、発言する岸田文雄首相(左から2人目)=18日午後、首相官邸拉致被害者家族と面会し、発言する岸田文雄首相(左から2人目)=18日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 社会一般 社会 日本 北朝鮮