北朝鮮の弾道弾発射を非難=日米韓、抑止力強化で一致

政治・外交

【ワシントン時事】日米韓3カ国は19日、北朝鮮問題に関する実務者協議をワシントンで開催した。日米は同日の北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射を「国連安全保障理事会の決議に違反する」と非難。日米韓は北朝鮮の核放棄に向けた外交努力を継続しつつ、安保理決議を着実に履行し、地域の抑止力を強化していく方針を確認した。

18日、ワシントンで記者団の取材に応じる米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表(右)と韓国の魯圭悳・朝鮮半島平和交渉本部長(AFP時事)18日、ワシントンで記者団の取材に応じる米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表(右)と韓国の魯圭悳・朝鮮半島平和交渉本部長(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 韓国 北朝鮮 米国