阿蘇山が中規模噴火=1キロ超の火砕流―警戒レベル3に・気象庁

社会 気象・災害

20日午前11時43分ごろ、熊本県の阿蘇山の中岳第1火口が噴火した。火砕流が火口の西約1300メートルまで到達。噴煙が高さ約3500メートルまで立ち上り、周辺で火山灰が降った。

気象庁によると、大きな噴石が南方に約900メートル飛散。火山灰は南東方向に流れる見込みだ。同庁は警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、火口から約2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けた。

記者会見した尾崎友亮火山監視課長は、地殻変動の状況から、大量のマグマ上昇はなく中規模の噴火と指摘。一方で、「1、2週間で(警戒レベルを)下げられるようなスケールではない」との見方を示した。

総務省消防庁によると、人的被害などは確認されていない。登山者が16人いたが、無事下山したという。阿蘇山では2016年10月8日にも爆発的噴火が発生。気象庁は警戒レベルを3に上げたが、約2カ月後に引き下げた。

噴火した熊本県の阿蘇山=20日午前11時43分(気象庁のライブカメラ映像より)噴火した熊本県の阿蘇山=20日午前11時43分(気象庁のライブカメラ映像より)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 地震・噴火 社会 日本 九州 熊本県 噴火