ガソリン、7年ぶり高値続く=全国平均164円台、灯油も値上がり

経済・ビジネス

経済産業省が20日発表したレギュラーガソリン1リットル当たりの店頭価格(18日時点)は、全国平均で前週比2円50銭上昇の164円60銭となった。値上がりは7週連続。原油価格高騰が響き、2014年10月以来、約7年ぶりの高値が続いている。冬場に暖房用の需要が増える灯油の価格も値上がりしており、生活への影響が懸念される。

石油元売り各社は、今週も給油所への卸価格を2円50銭~3円程度引き上げた。値上がりは来週も続く可能性が高い。

都道府県別のガソリン価格は、横ばいの高知を除く46都道府県で上昇した。値上がり幅は、滋賀の4円30銭が最大で、青森が4円20銭、山形が3円70銭で続いた。最高値は長野の172円40銭。山形、離島を抱える長崎、鹿児島でも170円を上回る高値となっている。

灯油18リットル当たりの給油所店頭価格は、全国平均で1860円と7週連続で値上がりし、14年11月以来の高値となった。自宅で灯油ストーブを利用している札幌市の60代の女性は、「年金暮らしで、大学に通う子どももいる。大変なんてものじゃない」と生活への影響を心配していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 石油 日本