次期会長に東北大副学長=国際学術会議、日本人初

社会 暮らし

日本学術会議は21日までに、各国のアカデミーなどで構成される国際学術会議(ISC)の次期会長に小谷元子・東北大副学長が選ばれたと発表した。日本人がISC役員に選出されるのは初めて。

日本学術会議の連携会員を務める小谷氏は、オンラインで記者会見し、「大変光栄で、大きな責任を感じる」とあいさつ。選出の背景には、世界に対する日本の学術、科学の貢献などがあったとの認識を示した。

小谷氏は2024年までISC次期会長として運営に参画し、その後3年間、会長を務める予定。日本学術会議会員の白波瀬佐和子・東京大大学院教授も今期のISC財務担当副会長に選出された。

日本学術会議事務局=東京都港区日本学術会議事務局=東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 教育 暮らし 社会 日本