漫画家の白土三平さん死去=「カムイ伝」「サスケ」―89歳

社会 文化

「カムイ伝」「サスケ」など忍者が主人公の作品で知られる漫画家の白土三平(しらと・さんぺい、本名岡本登=おかもと・のぼる)さんが8日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため東京都内の病院で死去した。89歳だった。葬儀は近親者で済ませた。

プロレタリア画家の岡本唐貴を父に東京都で生まれた。終戦後、紙芝居制作や人形劇団の活動を経て貸本漫画を手掛け、1957年に「こがらし剣士」でデビュー。59年から忍者を主人公にしつつ、抗争に明け暮れる戦国大名ら支配層に農民らが一揆であらがう壮大な歴史劇「忍者武芸帳―影丸伝―」を刊行。後に映画化された。

階級社会を生々しく伝える描写が、60年安保闘争などが行われる時代背景の中で大学生らの心を捉え、「唯物史観漫画」とも呼ばれた。

64年から、反差別、反権力をテーマとする「カムイ伝」の連載を開始。スピンオフ作品の「カムイ外伝」と共にライフワークとなり、シリーズの累計売り上げは1500万部を超える。

「サスケ」など少年漫画の分野でもヒット作を生み出し、63年に「シートン動物記」「サスケ」で講談社児童まんが賞を受賞した。

小学館によると、「カムイ伝」シリーズなどの作画を手掛けた弟で漫画家の岡本鉄二さんも、白土さん死去から4日後の12日、間質性肺炎のため88歳で亡くなった。

漫画家の白土三平さん(小学館提供)漫画家の白土三平さん(小学館提供)

白土三平さんの「カムイ伝」シリーズの一場面(C)白土三平、岡本鉄二/小学館白土三平さんの「カムイ伝」シリーズの一場面(C)白土三平、岡本鉄二/小学館

岡本鉄二さん(小学館提供)岡本鉄二さん(小学館提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化 社会 訃報 日本